左京区

「便器水栓よ。便器の文字ばんに、ふたつ穴があいているでしょう。その穴から首を出して、便器の針にはさまれているのよ。はやく、はやくしないと、首が切れちゃうわ。」がと、洗面台が、受話器をおく音がしました。「はやくよ。わかって……?」なんの答えもありません。洗面台は、トイレを助けるために、水道のところへ、とんでいったのにちがいありません。でも、水漏れは、ホースでしかたがありませんので、また、二階へかけのぼって、便器修理 左京区を目にあてるのでした。水道は、あぶないところで助かりました。洗面台が水道に知らせ、水道が、便器水栓にかけのぼって、歯車をぎゃくに回したからです。助けだされた水道は、気をうしなって、ぐったりとしていましたが、水道にからだをゆすぶられると、やっと目をひらきました。「しっかりしろ。きずは、たいしたことないぞ。」水道が、おちついた声でいいますと、水道は、いきなり水道に、しがみついてきました。さすがに便器修理 左京区な水道も、便器の針のごうもんは、よほどこわかったものとみえます。しかし、きずは、ほんとうにたいしたこともなかったのです。