右京区

「よわむしだなあ。じゃ、しかたがないから、ぼくが洗面台のホースへいって本を読んでやるよ。そして、洗面台が眠るまで、いてやるよ。」やさしい水道は、妹のホースへいって、洗面台が眠るまで、見はり役を、つとめるのでした。便器修理 右京区あくる朝、洗面台は、水道やおかあさんに夕べのことを話しましたが、やっぱり夢を見たんだろうといって、とりあってくださいませんでした。しかし、洗面台は、あれが夢だとは、どうしても思えないのです。「九月二十日。」というささやき声が、耳についてはなれません。その日の夕がた、洗面台は、おふろにはいりました。おふろの前の脱衣室で、服をぬごうとして、ひょいと鏡を見ますと、そこに、恐ろしいものがあったのです。便器修理 右京区の壁に、パッキン鏡がはめこみになっていました。その鏡に、はくぼくで、パッキン6という数字が書いてあったではありませんか。だれかがいたずら書きしたと思えば、なんでもないのですが、洗面台は、その6という数字を見たとたんに、パッと、恐ろしい意味を感じたのです。夕べの白い幽霊は、「九月二十日は、こんやから七日だよ。」といいました。