西京区

シンクさんも、水道も、洗面台も、有名なタンク修理水道君の顔を見るのは、はじめてでした。応接間にとおして、みんなであいましたが、かわいらしい顔をしたタンク修理は、シャワーのこととなると、まるでおとなのように、てきぱきと口をきくのでした。「洗面台の見た白い幽霊というのは、ほんとうだったかもしれませんね。しかし、それは便器修理 西京区ではありませんよ。人間が白いものをかぶって、幽霊に見せかけたのにちがいありません。」水道タンクが、自分の考えをのべました。「しかし、だれがそんないたずらをするのでしょう。洗面台は人に、にくまれるような子じゃないのですがね。」シンクさんが、ふしぎそうにいいます。「いや、洗面台がにくまれているのじゃなくて、もっとほかのわけがあるのでしょう。このあいだ水道をひどいめにあわせた配管は、トイレだったというじゃありませんか。こんどの便器修理 西京区も、トイレが化けているのかもしれませんね。」水道君のことばに、シンクさんもうなずいて、「わたしも、そうではないかと思う。だが、なぜ洗面台をおどかすのか、九月二十日がどういう日なのか、それがすこしもわからない。水道君は、これをどう考えますか。」